• こだわり

    幻の「五島うどん」

    九州は、長崎県五島列島・「株式会社長崎五島うどん」です。
    五島列島特産の「五島手延うどん」をはじめ、五島の特産品や名産品を産地直送いたします。
    日本三大うどんに数えられ、島の食卓では日常の「五島うどん」ですが、市場での流通は少なく、麺通に間でも長く「幻のうどん」とされてきました。しかしながら、『自分たちが食べて美味しい、毎日食べても飽きない、この五島うどんを多くのお客様にお届けしたい』という島の麺匠達の思いはひとつになり、確かな品質基準をもった最高級ブランドが誕生しました。

    遣唐使の時代に、五島列島に伝わったと言われる「五島手延うどん」は、五島の風土に育まれ、歴史と伝統に培われた食品です。起源は確かではないですが、大陸から伝わった事は間違いないようです。 五島列島は、その昔「遣唐使」の寄港地で、東西文化の重要な中継点でもあったのです。つまり、五島は中国()をルーツとする麺伝来の路であり、日本の「麺ロード」の拠点でもあったのです。

    親から子へ受け継がれる伝統製法

    五島手延うどんの製法は、親から子へと受け継がれてきました。麺匠達の「手延べ技」と自生する「椿」や、昔ながらの平釜炊き製法と天日干し製法で作られた ミネラルたっぷりの「塩」、乾燥に適した「風」などの五島列島の自然の恵みを生かしながら「伝統の味わい」を受け継いでおります。
    五島では早朝からうどん造りが始まり、いくつもの工程の作業を家族や社員で力を合わせて造っていきます。現在では一部は機械化はしたものの、棒状にした生地を2本の箸にかけ、手で引き伸ばしては束ねる作業を繰り返しながら熟成させ、紐状に細くし乾燥させ麺を形成していく手法、いわゆる手作業である「手延べ」の技を伝承しています。

    また「食用の椿油」を塗布しながら引き伸ばすのが特徴です。麺匠たちの微妙な力加減で手伸ばされているので、もっちりとした独特のコシとつるりと喉ごしの良い食感を作り出すのです。
    五島うどんは、「手延べ」であるが故に製造数量も少なく「地産地消」で、市場に出回ることも少なかったため、五島以外の人達に広く食されることがあまりありませんでした。「幻のうどん」といわれる所以もここにあります。

    食用の椿油

    >商品はこちら

    食通もうなる絶品
    「あご(飛魚)だしつゆ」

    長崎五島うどんの飛魚だしつゆは、五島手延うどんとの相性は抜群です。
    あごつゆ(希釈用) は、「化学調味料無添加」、飛魚だしスープ(粉末)は、「うまみ調味料不使用」、飛魚だしつゆ(煮出し用)は、ティーバック式で「化学調味料不使用」で、安心・安全。簡単に上品な味とコクを味あうことができます。多種多様なレシピにも使え大好評です。

    >商品はこちら

    最高品質の「こだわり麺」を
    お届けいたします

    株式会社長崎五島うどんは、細いながらにもっちりとした独特のコシとつるりとした喉ごしの良い最高級の五島手延うどんを作り上げました。品質の向上・安定を維持する「認証制度」を徹底し、さらに上質の原材料・厳格な製造方法を加えて「安心・安全」・「おいしい」を追求した最高級ブランド麺を作り上げました。
    特に、素材と製法にはこだわり、

    1. 厳選された小麦粉と国産小麦粉100%使用
    2. 新上五島町産の塩や椿油を使用、
    3. ゆっくり熟成・じっくり乾燥の時間をとり、水分含有量を14%未満

    として、モチモチとした独特のコシのおいしいうどんに仕上げています。

    株式会社長崎五島うどんは、素材を厳選し、「ゆっくり熟成」と「じっくり2日間乾燥」にこだわり、モチモチとした独特のコシのおいしいうどんに仕上げます。さらに、良い麺だけを選び抜いて、均質な太さ、きめ細やかな麺の肌、麺の縦割れなどを厳しくチェックしています。

    多彩な食し方ができる五島手延うどんは「家族をもてなす」「友達をもてなす」「お客様をもてなす」「私をもてなす」細く・長く愛され続けるおもてなしうどんです。株式会社長崎五島うどんは、最高の品質で、安心で安全な美味しい「五島手延うどん」のブランド麺を皆様にお届けします。